12th 4月 2012

妊娠16週 マレーシアで羊水検査

いよいよ羊水検査の日がやってまいりました。またもや夫と娘を連れて。

緊張、緊張・・・・・

さっそくもう処置に入るようです。

診察台の上に横になって、お腹を思いっきりだします。そう、いつもの診察室の同じ場所でどうやらやるようです。

まずは超音波で、赤ちゃんの位置を確かめます。絶対動かんでくれよ~。あんよの部分の開いている場所を狙うようです。

そして、

「これが大事なんだよ~。」
とドクターがいいながら、すっごい消毒に入ります。

手をかなり入念に消毒して、ビニール袋に入念に入れられた消毒セット一式を取り出します。

そのわりに看護婦さんは、全く消毒せずそのまま・・・そんなんでいいのかい?

まず、ヨードチンキみたいなのを塗りまくり。そして横にもたれまくり~。お腹がまっ茶色になりました。(みどりではないよ。)そして、その後、アルコール消毒っぽいのを入念にした後・・・

「さて、いくよ~。」ってな感じで始まります。

ドクター 「針見る?」

私 「いえいえ、遠慮しておきます。」

夫 「手握ってようか?」

私 「いい、いい。わたし強いから。」

ドクター (娘に) 「針指すの見られるよ~。」 (←おいおい)

娘 「えっ、・・・・いいです。」

私 「見なくてもいいよ~。」

と夫と娘に念を押し、カーテンもしないで処置が始まろうとしたのに・・・・

アシスタントするはずの看護士さん、どっかに行っちゃう。

ドクター 夫と娘に 「ちょっと呼んできてもらえる?」

娘、あわてて呼びに行く。そして戻ってきた看護士。「ロックしますね~。」とごまかすようにドアをロックする。

さてさて、ようやく処置が始まります。どきどき。

エコーの機器をお腹に当て(もちろんこれもかなり消毒した後)、赤ちゃんの位置をもう一度確かめながら、

ぶすーっ

ちょっとチクッとしましたが、それほど痛いわけじゃない。むしろ、その後の方がいやだ。何だか深くに刺さっていく感覚。鈍い感じの感覚とでもいうのであろうか。しかし、しかし・・・・全然終わんない。何で?????

ドクター 「足でね、邪魔してるんですよ~。」

どうやら赤ちゃん、足をどすどす動かしているらしい。

あきらめたドクター、一旦針を抜く。そしてもう一度

ぶすーっ

今度も、また位置を確認しながら、なんだかぐりぐりって感じでやられました。

心の中では、「早く終わってよ~。終わってよ~。」と思い、もはや涙目。うるうる。

ようやく何とか無事に終わりました。消毒の部分を良く拭いてもらって、完了。針を刺した跡は、何もせず。もちろん麻酔も何もなし。その後の安静もなし。

取り終わった羊水を見せてもらいました。なんだかおしっこのような色です。20ml取ったみたい(2本)。

結果が出るのは10日後、電話で教えてくれるそうです。2日間は安静にして、後は大丈夫ですよ~。と言われる。念のために3日後にチェックに来てくださいとのこと。

そんなわけで、安静もなしにすぐに車で家に帰りました。その後は、ゆったり2日間ベッドで休みました。幸いにも、娘がお友達の家にお泊りにいったのでかなり助かりました!

さて、どうなる結果?気になりますが、とりあえずはこれが終わっただけで、かなり解放された気分になったのでした。

羊水検査についてはこちらが詳しい!
妊娠中の検査丸わかりシリーズ第16回 「羊水検査」の巻

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

This entry was posted on 木曜日, 4月 12th, 2012 at 8:38 PM and is filed under @ペナン, お役立ち情報, 妊娠・出産. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply