28th 6月 2012

妊娠27週 妊婦にステロイド注射?

検診の時に、ドクターに日ごろからかなり気になっている切迫早産について聞いてみた。

前回の出産の時に、赤ちゃんが2ヶ月早く生まれそうになってクリニックに行ったとたん入院したからだ。その時は、ずっと安静そして点滴生活が約一ヶ月。これは実は大変助かったのだ~。中国に住んでいて、夫はまだ仕事が残っていたし、実家に世話になりっぱなし・・・てのも気がひけたし、そのクリニックがもう本当に良かった!特に食事が毎日楽しみで楽しみで、初めての子どもだったし全く誰にも気兼ねすることなく、最後の妊娠生活を楽しんだのでした。いや~あれほど極楽って思った事はなかったな~。もう一度、戻りたいくらいだよ。

さて、今回は上に子どもがいることだし、そんな呑気なことは言ってられない。しかも、まだ仕事しているからみんなに迷惑かける事もできないし、その仕事もとっても大事な時期だし・・・・
そういうわけで、どうしたらいいか相談したんだけれど、ドクターは全くそんな心配があることは気にしてない様子。

「赤ちゃんは結構さがってますね~。」とあくまでも明るいのだ。内診もないので、どうやって分かるのか不安になって、私があまりにも何回もこの切迫早産の恐れについて言ってたんで、ついに

「じゃあ、注射をしましょう。」ってことになった。

私はウテメリンとか張り止め系のものを想像していたんだけれど、どうやら違うらしい。何でも早く生まれても、大丈夫なように(自呼吸できるように)肺の機能の成長を促進するという注射だ。説明を受けた時は、?という感じでそういった知識は全くなかったので、とにかく注射を受け、後でインターネットで調べることにした。

夜のナイトタイムクリニックだったので、エマージェンシーの場所で注射を打つ。しかもお尻に。

これが、

うぎぇ~、うぎゃ~!!!!!
と叫ぶほど、痛くて痛くて本当に涙が出た。娘が心配して、「ママ、手をにぎってあげるからね。」とついてきてくれて、実はヒジョーに助かった。むしろ夫より役に立つ。

さて、家に帰ってきて調べたら、その注射の名前は

 Dexamethasome デキサメタゾン
ステロイド系の注射。妊婦にステロイド?というのがちょっと不安になった。調べ方が悪かったのか、あんまり情報がなかったんでますます心配になった。

英語で調べてみたら、こんなのがあった。
Dexamethasone injection and pregnancy

これを読んで、ちょっと安心した。心配はなさそうだった。日本ではやっぱり張り止め系の対処の方が一般的なのかな~と感じた。

ちなみに、デキサメタゾン+早産とサーチすると、いっぱい情報が出てきます。

これなんかは参考になります。

計、3回の注射を打つことになるんだけれど、毎回この痛みに耐えられるかは謎。ま、出産に比べれば何てことはないのでしょうけれど・・・・(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

posted in @ペナン, 妊娠・出産 | 0 Comments

  • Advertisement

  • Top Browsers

  • Top OS

  • Visitors Online