6th 10月 2012

マレーシアの母乳育児って?

ゴーデンどんが見たマレーシアでの母乳育児レポートです。ただし、他民族j国家であるこの国の一部しかのぞいていないので、断言はできません。それぞれのご判断でご覧ください。マジョリティーは病院やConfinement Centerなどで見聞きした中華系マレーシアでのことです。

病院にいた時から気になっていた母乳指導。

ここ、マレーシアではいったいどうなっているのでしょう?

ここマレーシアでは母乳の重要性をキャンペーンなどで推進していますが、私が周りでみた限り、母乳育児ができないという人は多いようです。というかほとんどです。その理由としてまとめてみると、次のようなことが挙げられます。

1、      みんな仕事を持っていて2ヶ月の産休の後、職場復帰しなければいけないから。

2、      産褥期に約1ヶ月間、十分体を休めなければいけないということを守るため。

3、      母乳=搾乳と言う考え。おっぱいを直接赤ちゃんにあげるという考えがあまり浸透していない。

4、      母乳指導が積極的でない。

このようなことを考えると、日本とはかなり違います。それでは、ひとつずつ、見ていってみましょう。

1.みんな仕事を持っていて2ヶ月の産休の後、職場復帰しなければいけないから。

せっかく母乳をあげても、2ヶ月だけ職場に戻ったら絶対にできないので、最初からミルク、というお母さん。そして、このたった2ヶ月の間だけでもというお母さんの両者に分かれました。出てくる母乳を止める薬を出してほしいとドクターに頼む人もいました。仕事を持っているお母さんがここでは多いので、必然的に母乳はストップ!となってしまうのでしょう。

2.産褥期に約1ヶ月間、十分体を休めなければいけないということを守るため。

マレーシアには、マレー系、インド系、中国系民族のそれぞれに産褥期のいろいろな決まりごとや信じられていることがあります。基本的には体に負担になることはしないという考えです。病院でも母乳がたっぷり出ているのに、授乳を拒否するお母さんが結構いたのにはびっくりしました。(特に夜)

わざわざ搾乳して、看護師さんに哺乳瓶であげてほしいと頼むお母さん、次の授乳はスキップしたいと頼むお母さん、いろいろなパターンを見ました。看護師さんでも、「夜は搾乳したのをだんなにやってもらって、あなたは休みなさい!」というくらいですから、とにかく休めということを強調します。そのせいで、疲れるくらいならミルクでとなってしまうようです。

3.      母乳=搾乳と言う考え。おっぱいを直接赤ちゃんにあげるという考えがあまり浸透していない。

これに関しては、前述の産褥期に休むという文化が影響しているのだと思いますが、赤ちゃんとのスキンシップが重要だとはあまり思っていないようにも感じられました。何人もの人から、搾乳のほうが簡単だからと言う意見も聞きました。赤ちゃんを抱っこするのがあんまり??という人も見受けられます。完全に産褥期の休息が赤ちゃんのお世話に勝っています。しかし、この時期におっぱいをあげることができなかったらいつあげられるのでしょうか?

でも、今日他のお母さんから聞いた意見は「赤ちゃんにおっぱいをあげるのが怖い」という意見でした。これが本当なのかも。産褥期の休息のことで赤ちゃんに触れ合う機会自体が少ない彼らは、生まれたての赤ちゃんをどうやって扱ったらいいか本当に不安のようです。特にうまく乳首をすってくれないとどうしていいかオロオロ、パニックになりお手上げ状態のになってしまいます。これは世界共通のことだと思いますが、Confinement Centerに入ったり、Confinement Ladyを雇った場合、すべての赤ちゃんのお世話は自分以外の人がするので、本当にお任せ状態に陥ってしまうのかもしれません。

4.      母乳指導が積極的でない。

これに関しては、みんなが口を揃えてそうだと言いました。

「誰も教えてくれない」

これマレーシアの人にとって、本当に深刻なことだと思います。


彼らのお母さんの世代はみなミルクで母乳の人は稀だったとも言っていました。そのため、誰も教えてくれない状況が、このような問題を引き起こしているのかもしれません。そして、赤ちゃんと初めて出会う病院ですらそうです。(母乳推進の病院はわかりませんが・・・)

私が病院で見た時も、本当に日本とは違うと思いました。まずアプローチの仕方が違います。日本では、おっぱいを飲ませる前と後に、赤ちゃんの体重を量ったりして、そういったプロセスを通して赤ちゃんの日々の成長を感じ、母乳をあげていくという方向ですが、私がいた病院では突然赤ちゃんを連れてこられて、「はい、あげて」と言う感じでしたから、初めての人はきっと戸惑うだろうなと思いました。(病院によっては違うと思います)

看護師さんのする事は、乳首に赤ちゃんの口を持っていくだけ、そしてほっぺをつっつくだけ、たったそれだけです。うまくくわえられなくても、30分以上(中には1時間も座っている人がいた)授乳しても、何にも言いません。そんなんで、すっごい苦労している様子のお母さんたちがとにかくたくさんいて、横目で搾乳している人を見て、「あれなら楽そう」ということになってしまっているようでした。

他民族共存の国なので、民族が違うとあまりお互いに干渉しないようにしていることもあって、こうしたらいいよとかそういうのもありません。ただ、搾乳組を見てそれが教育となってしまっているのです。それは見ていて本当にもどかしいものでした。そして、病院にいる間、情報なしの授乳をしていやになったり、退院する頃にはもう出なくなって、家に帰った後はやめてしまうのです。本当にとっても残念!だって、搾乳してたっぷり出ている人もいるんですよ。なのに赤ちゃんにくわえさせないなんて。

Confinement Homeでは私の他に唯一母乳育児に8ヶ月成功したお母さん(第一子に)がいましたが、その人は自分でインターネットで調べてやったそうです。(とはいっても混合だったらしいですが・・・でもえらい!)自分で情報を得て、やりきったのは本当にえらいと思います。本当に母乳育児は彼らにとっては難しいもので、1年続けたよと言おうものなら「えーっ???」と本当に驚かれます。マレーシアにも母乳で育てたい人もたくさんいるのです。でも、このままだったら、きっと普及は難しいなと思うのでした。

母乳育児を推薦している団体の方、もし、マレーシアでそれをするならば、マレーシアのこういった文化的な背景や母乳指導の実態などをぜひ考慮して、マレーシアに母乳育児を広めてください!

もし、皆さんもマレーシアで見聞きした母乳事情がありましたらぜひコメント欄でシェアしてください。日本から初産で母乳育児に専念したい方、情報の混乱で産後苦しいかもしれませんので、マレーシアのこういった事情があるということをあらかじめ知っておくと楽かもしれません。そして、日本から母乳育児に関する書籍を持ってこられることをお勧めします。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

posted in @ペナン, お役立ち情報, 子育て | 0 Comments

3rd 10月 2012

いよいよ産褥期ケアセンターであるConfinement Homeへ入居!

注意) かなり前のことですが、その時を振り返って書いてます。

今日も朝から、黄疸のためのphoto light therapyをして、その経過を見る。ああ、退院できるといいなぁ。これでまた泊まる事になったら本当に悲惨だ!体が参っちゃうよ。

そんなこんなで、結局午後までかかりぎりぎりの数値で、帰っていいよと言われる。ようやく病院を後にしたのは2時半ごろ。ぎりぎりまでphoto lightしてもらった。そして、いよいよ目指すはConfinement Home。ここで一ヶ月お世話になるのね!赤ちゃんは初めてのカーシート、でも寝てたので装着問題なし!病院からHomeまでは車で5分くらいという距離。なにかあったらとっても便利だ。

今日は夫は夜に仕事があるので、娘は知り合いの方の家にお泊り。そっから学校も次の日行かせてもらうことにした。本当に、いつもいつも大変な時に助けてくれるので感謝しています!!

病院を出てゆっくり運転してもらってHomeに到着した。ちょっと緊張して、赤ちゃんを連れて中に入る。ロビーにはビジターがわんさかいて、ガラス越しに赤ちゃんを見たりしてガヤガヤしている。受付の人(おばちゃんという歳なんだけど、すごい綺麗)がいろいろ説明してくれ、その間に赤ちゃんはガラス越しの部屋に移される。これは今日のおやつ、といってお汁粉が出され、産褥期にそれがどれだけいいかを説明してくれる。そして、ドクターが絶対これは!と言っていた事を切り出した。そう、母乳の授乳の件だ。母乳をあげたいこと、夜中でも起こしてもらってかまわないことを伝えた。こういうセンターは一度にたくさんの赤ちゃんたちの面倒を見るので、あんまり母乳育児には積極的でないと聞いていたからだ。それを話した上で、いろいろ説明を聞いていたら、上の一人部屋がしばらく空いているんだけど、どう?と聞かれた。赤ちゃんと夜同室にもできるし、との事だった。

本当は2人部屋だったんだけど、昨日の悪夢をもう体験したくない私は即座に「それ、乗った!」てな感じで、すこしお金を余分に払ってでも、そっちにすることにした。とりあえず2週間分として300リンギを追加で払う。

案内された部屋はすっごい小さい部屋だったけど、これで自分のプライバシーが守られるならば全然OKら。部屋に入ったら、職場から花が届いていた。全然思ってもみなかったので、うれしかった。



部屋の窓からは、マンゴーの木やランブータンの木が見えて、結構いやされる。



部屋はデラックスファミリールームとか、一人部屋から4人部屋までとバラエティー豊か。でも、よっぽど神経の図太い人でない限り、一人部屋の方がいいと思う。ただ、今年は辰年で出産ラッシュなのでちょっと混んでいるが、そうでなければ3人部屋といっても一人で使わせてくれるらしい。そういうことであれば、そっちの料金で一人でいられるわけでなかなかいいかも。ただ、突然入居者が来る場合もあるだろうから確実ではないけど。

ここでは、赤ちゃんのオムツ交換はもちろん、沐浴、授乳も24時間してくれる。ま、私の場合は母乳オンリーでいきたいので、授乳は自分でやるけれど、その他のことはずっと面倒をみてくれるので、1ヶ月まるまる本当に体を休めることができる。看護師さんも、病院から来てくれたり、元看護師さんだった人もいるので安心。日本にもこんな場所があったら、子育てがどれだけ楽になることか。でもきっといろんな厳しい規格とかで無理そう。あったとしてもすごい高額で、気軽に利用できる人はあんまりいないだろう。

洗濯もかごに入れておけば、その日の午後か次の日にはたたまれておいてある。食事に関しては朝は8:30 (ちょっと遅い)、お昼12:00、おやつ3:00、夕食5:30、夜食8:30といった具合で全部で5回。ちょっと多すぎやしないかい?

ま、そんなこんなで至れり尽くせりの1ヶ月を過ごします!私のユニットには私を含めて3人しかおらず(他のユニットには5人とか6人とかいた)、入居してからご飯を食べた時にいろいろ話してみた。一人は、実は5ヶ月で流産してしまったという人で、同じユニットに出産をし終えた人といるのはすごい辛いと思った。でも彼女はすごくオープンな人でさばさばしていて、いろいろ話をしてくれ一日で好きになった。もう一人の人は、私の次の日に女の子を産んだそうで、同じ日に入居、素朴な感じのやさしい人だった。この人とは、それ以降仲良くなり、一緒にテレビを見たり、料理の話で盛り上がるのだった。

こんな感じで始まった生活。さてどうなるやらはお楽しみ!

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

posted in @ペナン, お役立ち情報, 妊娠・出産, 子育て | 0 Comments

30th 9月 2012

悪夢の始まり。マレーシアで入院したら絶対に必要なものは?

出産後、いよいよ晴れて退院の日、と思いきやドクターから、「黄疸が出てるから退院は明日ね!」と明るく言われる。ガガーン、すっかり退院の支度をしていたのに・・・

黄疸、ちなみに英語ではJaundiceです。

「お母さんは母乳なんで一緒に泊まってもらいます。でも、患者扱いじゃないので病室はどうしますか?」と聞かれる。個室だと高くなるみたいだし、1泊だからいいやと2人部屋に移ることにした。別にすぐに移動しなくても良かったんだけど、すっかり準備ができていたので、馬鹿みたいにすぐに向かいの二人部屋に移動してしまった。これが悪夢の始まりとも知らず・・・

さて、出だしはまあまあ良かった。同じ出産をした同士ということで同室の人と話を始めた。いろいろ話しているうちに、その人はこの病院に勤めているらしかった。なんと!病院関係者は出産費用が4人まで無料なんですと!!だから看護師さんでも妊婦さんが多かったわけだ。

「ああ、あの人は4人目!」とマレー系看護師さんのことも教えてくれた。もう一人の看護師さんはなんと、妊娠38週。こんなぎりぎりまで働くなんてすごい~!そして、大変なのにお世話してもらって申し訳ない~!でもローカルの人にはすっごい助かるだろうなぁ。ここの病院、結構高いし。

そして、何でみんな帝王切開をするのかも教えてくれた。どうやら自然分娩だと保険がおりないらしい。(入っている保険で違うらしいけど、一般的にとのこと) 黄疸のための入院もおりないんだって。だから帝王切開にする人が多いみたい。あと、計画出産が多いのも先生のオペレーション・デーが決まっているからできるだけそうするらしい。ということは事の成り行きで出産に至った私も、そういう風に先生の計画通りだったってことか。まあ、無事に生まれたんで良かったけど。早く生まれそうになって、渋滞に巻き込まれてパニックになったり、破水してオロオロして、その上、夫が仕事だったりしても困ったので、結果的には私はこれで良かった。

と、しばしいろんな話を一通り終えた後は、休息へ・・・・

と、思いきや!突然怒涛の大音量が!

そう、隣の人がテレビをつけて、大音量で見始める。しかも必要な音量の3倍くらいで。この感覚、日ごろふてぶてしいと言われる私でもかなり参る。まだ産後4日目だし、静かにゆっくり休みたいよ~!

本当に本当に我慢してたけど、あまりにもすごいので「ちょっと音量下げてください」と頼んでみた。そしたら、すぐに下げてくれたのでその後しばらくはゆったりできたが、それでも外の工事の音がまたすごくうるさい。

しばらくしてだんなさんと見られる人が、病室を出たり入ったり。私は廊下側の部屋だったんで、(カーテンも閉めてなかったし)かなり気になった。

そして、恐怖の夜がやってくる。

夜もふけて、授乳も終わり、さ~て寝ようか。とベッドに入る。

そして始まったのは・・・・

隣のベッドから、信じられない大音量のいびき。。。。

一晩中、これがつづ結局私は一睡もできなかったのでした。

みなさん、マレーシアで入院するときには必ず耳栓を用意しましょう。本当に必需品!!そして、テレビは隣の人より先につけて大音量で見るべし。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

posted in @ペナン, お役立ち情報, 妊娠・出産 | 0 Comments

25th 9月 2012

出産体験記 3

さあ、お産もいよいよクライマックスへと突入!

14:20 陣痛がもう耐えられないくらい苦しくなってくる。陣痛はもう間隔も短くなってきて、うぎぇ~、うぎぁ~と苦しみながら、それがくる度にとにかく耐える。陣痛の合間は本当に何事もなかったのごとく、ケロッとしているので、我ながら夫はこの差をどう思ってんだろう、などと考えていた。

2:40頃、本当にもう苦しくなってきて、看護師さんに「もうお願い助けて~」みたいになってきた頃、子宮口がどれだけ開いているか確かめてくれた。「ああ、もう8~9cmね!」と言って、「先生に連絡しなくっちゃ。」と言いながら、電話をかける。お願い先生、早く来て!と心の中で繰り返したが、電話口にはどうやらだ~れも出ないらしい。「おかしいわね~」と看護師さん、何度も何度もコール。やっと通じたが、先生まだ他の人のお産にかかっているらしい。でもそこはベテラン看護師の貫禄、先生に「早く終わらしてきてくださいね!」とびしっと言っていた。おお、頼りになるなあ。そうして、やってきた先生。先生も大変だよ、こりゃ。

先生の顔を見たら「ああ、もう本当に産むんだ!!」と思えて、かなりの緊張感がやってくる。でもこれがいけないんだよね。リラックス、リラックスしなくちゃ!でも、本当に痛いよ~!(涙目)もう、先生が来ている頃には、いきんでもいい状態だった。

「いきめる時にいきんでいいですからね。」とやさしく言う先生。でも陣痛の痛みを感じながら、変にEpiduralで麻痺しているせいで、いきむ感覚がいまいちつかめないのが現状。何度もプッシュするが、出てくる気配がない・・・ようだ。頑張ってるんだけどな・・・

夫がすごい励ましてくれているのを頭の方で聞きながらいきむ。

看護師さんもすごいエネルギッシュに「とにかく長くいきむのよ!!!」とその雄たけびに私も頑張らなければ!と思う。

でもでも・・・・もうかなり疲れてきていて、何度いきんでももう見込みがないものになってきたので「じゃ、吸引しましょう。」ということになった。娘の時もそうだったんで、私はいきむの苦手なんだと思う。でもこの痛さから、もう開放されたい私は、「お願いだからはやくしてくれ~」というのが心の叫び!そんな中で、看護師さん、続けてエネルギッシュな励まし。そして、夫の励ましがすっごいうれしくて涙目の中、苦しみのおたけび。

先生は吸引の機器を真新しいビニール袋から出して、他の機器につなぎいざ吸引。ぶぅぃ~んという音が聞こえ、そしてそして頭から、一気に飛びだす!

おぎゃ~という声を聞いて、すべてから開放された気分になったのでした。

15:01 息子が誕生!看護師さんが15:00頃だと思うわというのが見事に的中!(2時ごろに既にそう言っていた)すごいですね、さすが慣れているという感じ。

夫には、お願いだから頭の辺にいてね。見たらびっくりするからなんてお願いしてあったのだが、もうそれどころではなかった。しっかり見えていたもよう。なぜかと言うと日本と違って、布とかでカバーしないし、会陰をチョキンと切るのも見ちゃったらしい。夫いわく、それ見て「うおー!」と思ったとの事。でも麻酔でそこは全然感じなかったんですけどね。そうそう、最初のお産の時のおしりからスイカが出てくるような痛みってのはこの麻酔のおかげであんまり感じませんでした。でもとにかく陣痛は痛かった!

赤ちゃんはきれいにされ、違う部屋に連れて行かれた。この辺のこと、あんまり覚えていないんだよなぁ。もう疲れていたから。あっ、そうそう会陰縫合はかなり時間がかかって、痛かったのを覚えてる。胎盤が出てくる後産は「あっ、出る出る」と言う感じでするっときた感覚。あんまり痛くなかった。臍帯血の保存については、どうしようかと思ったけど、結局申し込まなかった。マレーシアにいつまでいるかわからないし、多分またいろんな国を移動することになるだろうから。ちょっともったいない気もしたけど。

お産の後、興奮さめやまず夫と二人で赤ちゃんのことについて話していたら、看護師さんに「あなた、血圧高いんだから、ちゃんとおとなしく休みなさい!」と怒られる(笑)

「さて、私は次のお産に行くから・・・」と言って、分娩室を出て行った。本当にありがとう!お化粧バリバリ素敵なおばちゃん看護師さん!あなたのおかげで思い出深いお産になりました。本当に頼りになりそうなこういう人がついてくれるとうれしいな。

結局、分娩にかかった時間は1時間35分だったらしい!超はやっ!

さて、この日は出産ラッシュ。私は5人目で全部で7人も生まれたそう。9月7日7人で、赤ちゃんのベッドナンバーも7、ラッキー7のオンパレードだ。

何時間か分娩室にいる間、トイレには自分で行けないので看護師さんにお願いしなくてはいけなかったのだが、やっぱりEpiduralで感覚がないせいか、どうもトイレに行きたいのがよくわからなかった。そのせいで、かなり尿がたまっていたらしい。看護師さんがくる度に、いつでも呼んでと言われる。

そうして、分娩室から個室へと移動する。ちょっと落ち着いたので、夫は知り合いに預かっていてもらった娘を迎えに行く。私は、その後17:20ごろ、お産の後の患部の赤外線トリートメントを受ける。

看護師さんが部屋に赤ちゃんを連れてきてくれ、初の授乳!と言ってもまだ出ていないだろうけど、口に含ませてみる。うわっ、すごいこの子!初めてとは思えないほど上手にパクッと、すごい良く吸ってくれる。娘もとっても上手だったが、この子はそれ以上。母乳育児も何とかなりそうかな、なんて期待を持ってしまったのでした。それにしても生まれたての赤ちゃんて本当にかわいくてかわいくてたまらない。さっきまでおなかの中にいたなんて、信じられない。だって、本当に今日の午前中にはまだお腹の中でキックしてたんだよ!!

20:15 ものすごい興奮した顔で娘と夫がやってくる。赤ちゃんを見て、「かわいいね~。」を連発。いいお姉ちゃんになりそうだ。そうして、家族団らんのひとときを過ごす。家族が一人増えるってすごいことだなと改めて実感した。21:30になり、もう遅くなったので名残惜しそうだったけど、家に帰ってもらう。

赤ちゃんはずっと私と部屋にいる。もう、しあわせほんわか気分。とても今日生んだと思えないほど、余裕だ!赤ちゃんの顔をみてうっとり。ずっとみてても飽きないわ。

22:30 トイレに行きたくなった。看護師さんにまた手伝ってもらおうと思ったら、自分で行くように促された。出産から7時間半たって、ようやく自分の足でトイレに行けるようになった。Epidural をしなければ、もっと早くに自分でいけるらしい。

23:00 赤ちゃんが、口からミルクっぽい?物を吐いて、新生児室に戻される。おっぱいはまだ出てないと思うので、唾液かな?でもちょっと白っぽかった。

長かった一日も、もう終わり、ゆっくり休みます。

というわけで、これで出産記録は終わりです。これからは病院での出来事、マレーシア母乳事情など書いていきますよ~。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

posted in @ペナン, お役立ち情報, 妊娠・出産 | 1 Comment

17th 9月 2012

出産体験記 2

さて出産体験記の続きです。

ドクターは破水させたあと、どっかに消えた。どうやら今日は本当に忙しいらしい。これから他の人の帝王切開みたい。そうこうしている間に、何だか温かいものが下から流れてくる。そう、羊水だ!最初は、血液が流れ出てくるような感覚だったんで心配して看護師さんに聞いてみたら羊水だったんで安心した。

ああ、いよいよお産が始まるのね!と気持ちが高ぶってくる。
誘発剤(あれ?いつ入れられたんだっけ?)の効果で陣痛も始まる。11:30ごろ、羊水がこんなに〜と思うほど流れ出す。すっごい変な感覚だ。全然違うんだけど、温泉から出た後みたいな感じもする。

陣痛は次第に10分間隔になって、その度に羊水が少しづつ押しだされる。痛みはまだなく、お腹がバルーンのように膨らんではしぼんでいく感覚。何だかその感覚が気持ち良くて楽しい。ここまではかなりの余裕だ。

11:40 陣痛・・・・
11:50 陣痛・・・・
12:00 陣痛・・・・

12:10 ここでお昼ご飯が出される。お粥・パン・りんご・マイロ。出産前の腹ごしらえ。

食事の後、12:20ごろ 麻酔科医の先生がやってくる。あの破水後、これはちょっと〜と思った私は迷いなくEpidural (硬膜外麻酔)してもらうことにした。高齢だし、もう普通分娩は一回体験してるし、何だか今回はすごく痛くなりそうな気がしたので、無痛分娩で行こう!と思ったのだ。でもお産のこんな直前に決められるなんて、この病院ではきっと数をこなしているんだろう。

先生から麻酔の説明などがある。無痛と言っても、大体60から70パーセントぐらいの緩和だよとの事で、軽めにしておくけど、本当に足りなそうだったら追加しますと言われた。

そうか、全部痛みがなくなると言う訳ではないのね。書類に麻酔の同意のサインをし、そうしている間にも陣痛の度に羊水が出る。

12:30 に麻酔注射を背骨の辺りに。あんまり痛くないがズーンとくる気持悪い感覚。冷たい液体が背骨を通して体に走って行く。

12:40 そして何も感じなくなってくる。

麻酔をした後は、枕を右側において寝るように言われる。

12:43 点滴追加

12:45 陣痛くるがちょっと痛み感じる。羊水まだ出る。

、と10分間隔で陣痛は続く。マイルドだったりちょっと痛かったりとそれが繰り返される。この辺りは自分で記録できるくらいの余裕があったが、後で立ち会った夫に記録してもらう。

13:07 ドクターが来て子宮口のチェック。現在4cm開いている、とグリグリされて痛い。しかもその時丁度陣痛もあったもんだから、痛いのなんのって!麻酔効いてるはずなのに・・・とここで寝るポジションを変える。

1:20 陣痛 ちょっと痛くなってくる。どうやらこの麻酔は陣痛はちゃんと感じられるらしい。

私が陣痛のタイミングを記録してたのはこの辺までだ。でも1:40の時点でまだ赤ちゃんはお腹の中で動いてる。すごいよ、あんた!

そうして陣痛を繰り返すうち、本当にどうにかこらえられる陣痛ともう苦しい〜!という陣痛のミックスがあることに気づく。自分がリラックスしてる時とか冷静な時はまだひどくないのだが、いったん心配になったり怖いなと思う時はすごい痛く感じる。前と違って自分で好きな格好ができないし、同じ姿勢というのが辛い。

私にはすごいベテランのお化粧バッチリの頼りになるおばちゃん看護師さんがついてくれるのだが、この人で本当に良かった〜と思った。

この看護師さん、後で私の出産時間を予言するのだった!

つづく

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

posted in @ペナン, お役立ち情報, 妊娠・出産 | 3 Comments

16th 9月 2012

えー、それでは出産体験記 その1

さて、頑張ってiphoneで出産体験記を当日の気分で書いてみましょう。

今日はいよいよ出産だ!成り行きで計画出産みたいになってしまったんで、朝から緊張してしまって、なかなか家を出ようと思っても、「あ、あれ忘れた!」とかこれも!とかいろいろやってなかなか出られない。

そしてようやく決意して(笑)家を出た。

病院について、早速ドクターに会う。でも何だか慌ただしいので、どうしてかと思うと、どうやら今日は出産ラッシュでもう病室はフルに近いらしい。だから生まれそうでなければ帰されそうだった。

ドクター 「住んでるとこはどこだっけ?」

そして私が答えると、

ドクター 「う〜ん・・・」

あの〜、昨日、今日来てって言われたんだけどな。

ドクター 「一応内診してみましょう。」

ドクター 「おしるしありますね。3cm開いてるね。」

私は全然気づかなかったのだが、おしるしあったらしい。ということで、本日出産決定と言うことに。

荷物は後で、看護師さんに案内されもう早速分娩室に。早っ!

そこでチャキチャキした看護師さんに「これに着替えて」と紫色の手術衣を渡される。もちろんそれだけ。結構恥ずかしい(汗)

でもこれからが恥ずかしいなんて言ってられない。だって剃毛と浣腸だし。ここはもう諦めるべし。トイレに速攻で行ってすっきりさせ、ドクターを待つ。その間、点滴の用意をされ、お腹にモニターをつけられる。

11:25 にドクターが到着。

ドクターが到着「破水させますよ〜。」と言ってぐりぐり

こ、これは!!!((((;゚Д゚)))))))

辛い、辛すぎる。娘の出産の時もそういえば破水させたんだけど、あれは陣痛の後だったし、ぷちって感じだったのを覚えてるが今回は・・・・

絶句でした。

つづく

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

posted in @ペナン, お役立ち情報, お知らせ, 妊娠・出産 | 0 Comments

11th 9月 2012

生まれました!

20120911-100634.jpg

うふふ〜。
9月7日、ついに生まれました!ほっぺがプクプクで垂れてます。
3300gの元気な男の子です。巨大児ではなかった(ほっ)
詳しい出産記録はまた後ほど・・・今日はこれから退院です。
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

posted in @ペナン, お知らせ, 妊娠・出産 | 2 Comments

6th 9月 2012

妊娠37週 今日生みますか?

今朝、アサイチで病院に行ったら、何と言われてしまいました。

「赤ちゃんもかなり降りてるし、体重も充分だし、子宮口も3cm開いているので、もし良かったら、今生みますか?」
だって・・・・

あの~、陣痛まだなんですけど・・・・

まだ随分余裕なんですけど・・・

おしるしもないんですけど・・・

とりあえず、バッグは車の中に積んでいるんでいつでも入院できるんだけど、「パソコンの机の上がめちゃくちゃだった」、とか、「あ、洗濯物たまってる」とか「洗い物しないで、そのままにしてきちゃった」とか、何だかどうでもいいことが気になって、家に一旦帰っていろいろしてからという話になりました。

ドクターが言うには「24時間以内に陣痛がくる!」

↑ あなたは預言者か???

ま、すごい心の準備ができていいんですけれども・・・

家に帰ったら、子どものお泊りのアレンジ。(一応してあるが、学校の後すぐに預かってもらって泊らせてもらうことに)

そして、夫の仕事のアレンジ・・・といろいろしなくちゃ。

そうそう、今PCが調子悪くってDELLと連絡取り合い中だった。これも夫に引き継がねば。とホントにちょっと気になることを家に帰ってきてやりました。

まずは洗濯を全部終わらせて、そしてキッチンを片付けて、ごはんをい~っぱい食べて体力をつけ・・・・

そしたら疲れて2時間くらい昼寝してしまった。まあいい、体力温存のためだ!そして、ごはんを炊き、それを冷凍したり、病院用のおにぎりを作ったりと大忙し。そして今、デスクの上を片付けながらデジカメの整理をし、こうしてパソコンで記事かいております。

なんかと~ってもタイミングよく生まれてきそうで、生まれる前から親孝行です。これからシャワーを浴びて化粧を落とし、コンタクトレンズからメガネに換えて、後は陣痛を待つのみ。

さて、来るか?陣痛!
待ってるぜ!

ちなみにお腹の赤ちゃんはまだ元気によ~く動いてます。「キックして~」というと、ちゃんとキックする、本当によく言うことを聞く赤ちゃんです。娘の時はそうでもなかったんだけど、よく私の声が聞こえるんでしょうか?いつもすごく反応が良くて、「うれしいよね~」とか娘と楽しそうに話していると、反応して「ぼくも、ぼくも」って感じで、一緒になってお腹の中で騒ぐんです。体が大きい分、お腹に感じるのも大きいのかな。そうそう、体重はどうやら4000g以内におさまりそうです!!これは本当に良かった。そうじゃないと、かなり苦しそうだし・・・・

というわけで、今日か明日の朝、入院の予定です。だからブログはしばらくお預けです。簡単なのはiphoneからアップしてみるかな。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

posted in @ペナン, 何でもないつぶやき, 妊娠・出産 | 4 Comments

1st 9月 2012

妊娠36週 しっかし、毎回何かある。今度は超巨大児のおそれ??

疲れてアップするのが遅くなってしまった・・・・この日記は木曜日のです。(笑)

本当ならば、今日は夜のクリニックの検診に行こうと思っていたのだけれど、夫も仕事が忙しそうだし、家にいてもダラダラしているだけなので、それならと一人で検診に行くことにした。

もう車は運転できないので、タクシーを呼んだ。ペナンでは珍しいメーター式の青いタクシー会社のチラシがこの間、うちの郵便受けに入ってたんで、普通のタクシーと比べてどっちが安いか調べて見ることにした。シャワーをして、電話したらすぐに来てくれて、いろいろ世間話をしながら病院に向かう。その間、メーターの動きがやっぱり気になってしまう。結構、早い速度で値段が上がっていく。

ま、そんなこんなで、いろいろな料金体系を聞いてみた。1時間チャージは40リンギ、時間数が多くなるとディスカウントもあるみたい。あと、何箇所止まるかによって値段が決まるか、とかメーターを選んでとかいろいろできるみたい。1時間とか2時間以内にあちこち行くならば、メーターでなく時間チャージの方がいいみたい。

で、結局いくらだったかというと、バトゥ・フェリンギからアイランドホスピタルまで37.40リンギ。普通のタクシーでこの間ベリッサ・ローから35リンギだったから、まぁまぁかな。それにしても高くなったな、ペナンのタクシー。

ようやく病院についたら、今日はすっごい混んでる!いつもより倍の人が待ってる。もしかして、明日がホリデーだから?もっと早くにくればよかったよ。尿検査のために尿を取り、体重を量ったけど、今日は結局すっごい最後の方まで待たされて、すっかり体が凍えた。(冷房が本当にきつすぎる・・・)スカーフを持っていって正解。

今日は、何だか最後の検診になりそうなので、今度こそと思い、看護士さんにiphoneでビデオをとってもらうことにした。心音とか取っておきたいから、その部分だけと思ったらずーっと超音波中取ってくれた。この看護士さん、いっつもにこにこしていて親切で大好き。うちの娘が一緒に行くと、いつも何かくれる。ケーキとか、お菓子とか。。。この間は友達からもらったという台湾土産の玉子パック。本当に子ども好きないい人・・・しかし、取ってもらったビデオ、後でみたらなぜか音が全く入っていなかった。どうしてだろう?残念だ~!!!!

今日は、赤ちゃんの顔がよ~く見えて、口をむにゅむにゅしている様子とかが可愛かった。本当に元気で、見てもらっている間も先生に蹴りを入れるくらいの元気のよさ。キック力が半端じゃない。

さて、先生もびっくりしたのがその成長。なんとなんと

3,802gだと!
あの~、まだ36週なんですが・・・(汗)

このままいったら、超巨大児ですぞ!!!4,000g絶対超えそうだ。まぁ、夫がでかい人なんで仕方がないのか?でも娘の時の同じ時期は1kgも少なかったぞ。

ホント、どうしようか。困ってます。この1週間のうちに出てきてくれれば、普通分娩ぎりぎりセーフかな?

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

posted in @ペナン, 何でもないつぶやき, 妊娠・出産 | 2 Comments

30th 8月 2012

妊娠36週 こんな時期なのに風邪をひいた。

う~っ、

こんな臨月なのに風邪をひいてしまった・・・・まさか、ペナンでねぇ、今の時期にかかるなんて思いもしなかったよ。きっと、この間クリニックに行った時に、前に診療を受けていたおじさんからうつったんだ。(すごい具合悪そうだったし)

ぐるじいぃ~。鼻水がとまらないよ~。ちょっとセキをするとお腹に来るし、熱もあるし・・・・

薬を飲んでも、風邪なんてすぐ直るわけじゃないけど、薬が飲めないってのは、気分的に何か不安。

そんなわけで、妊婦でもできる風邪を治す方法を、体で試してみた!

1、まずは休息だ!

と勝手にぐうたらに拍車をかけるごとく、一日中ベッドで寝る。

2、韓国特製、はちみつ生姜茶を飲む!

このあいだ韓国のスーパーでおじさんに勧められた。風邪に効きそうじゃ。

3、汗をいっぱいかこう

我慢して厚い布団にくるまって、とにかく汗を出すぞ!

4、水分補給を充分に!

とにかく水をこまめに飲もう。

5、ビタミンCを大量に。

とにかく、摂取。多すぎても尿で出るはず。

妊婦でなければ、一発で効くいい方法があるのに。

それは・・・

赤ワインを温めて飲む事です。本当に良く効きます。

これからマスクして検診いってきます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

posted in @ペナン, 何でもないつぶやき, 妊娠・出産 | 0 Comments

  • Advertisement