20th 4月 2012

妊娠16週 妊娠糖尿病か??

今日は羊水検査後のチェックアップに行った。

娘が「お腹がいた~い。」と朝から言っていたので、家で主人に見てもらって、病院までは自分で車を運転して行くことに。もう2日たっているし、大丈夫だろう。

今日は土曜だったので、結構混んでいて1時間くらい待たされた。ようやく診察室に入ると、すぐに超音波で赤ちゃんの様子を見る。経過は順調。

ドクターの「とっても元気ですよ~。」にはげまされ、自分でもモニターを見てかなり動いているのを見たのでちょっと安心。頭の位置が変わったみたいで、ぐるぐる動いている様子。そうそう、この間性別をおしえてもらったんだけど、やっぱり男の子だった!何だか、男の子っていうのに実感わかないのは何でなんだろう。

でも、ここ最近自分の顔つきもきつくなったし、なんだか怒りっぽくなったし、ちょっと自分が自分ではなくなっているような気はしていたけど。。。

後日、中華系マレーシア人の同僚に

「顔つき悪いし、やっぱり男の子なのね。女の子だったらすごいきれいになるし。」って言われた。アンタ、その表現直接的過ぎやしないかい?いくら本当でも(笑)
現地の人って、かなりダイレクトでよくこういう風にいうけど、それがまたここの文化なんだろうね。

診察の後、母子手帳の記入欄の尿糖の所が間違っていたんで直してもらう事にした。(間違えるってこともあるんだね。)
それで、血液検査をすることになっていたんだけど、尿糖の後の血糖を調べるのでも高い数値が出ていたので、糖尿病の検査もしてもらうことにした。

うちは母が糖尿病なんで、妊娠を機会にならないように気をつけないと・・・・

というわけで、この日から一切甘いものを絶つ生活が始まった!

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

posted in @ペナン, 妊娠・出産 | 1 Comment

12th 4月 2012

妊娠16週 マレーシアで羊水検査

いよいよ羊水検査の日がやってまいりました。またもや夫と娘を連れて。

緊張、緊張・・・・・

さっそくもう処置に入るようです。

診察台の上に横になって、お腹を思いっきりだします。そう、いつもの診察室の同じ場所でどうやらやるようです。

まずは超音波で、赤ちゃんの位置を確かめます。絶対動かんでくれよ~。あんよの部分の開いている場所を狙うようです。

そして、

「これが大事なんだよ~。」
とドクターがいいながら、すっごい消毒に入ります。

手をかなり入念に消毒して、ビニール袋に入念に入れられた消毒セット一式を取り出します。

そのわりに看護婦さんは、全く消毒せずそのまま・・・そんなんでいいのかい?

まず、ヨードチンキみたいなのを塗りまくり。そして横にもたれまくり~。お腹がまっ茶色になりました。(みどりではないよ。)そして、その後、アルコール消毒っぽいのを入念にした後・・・

「さて、いくよ~。」ってな感じで始まります。

ドクター 「針見る?」

私 「いえいえ、遠慮しておきます。」

夫 「手握ってようか?」

私 「いい、いい。わたし強いから。」

ドクター (娘に) 「針指すの見られるよ~。」 (←おいおい)

娘 「えっ、・・・・いいです。」

私 「見なくてもいいよ~。」

と夫と娘に念を押し、カーテンもしないで処置が始まろうとしたのに・・・・

アシスタントするはずの看護士さん、どっかに行っちゃう。

ドクター 夫と娘に 「ちょっと呼んできてもらえる?」

娘、あわてて呼びに行く。そして戻ってきた看護士。「ロックしますね~。」とごまかすようにドアをロックする。

さてさて、ようやく処置が始まります。どきどき。

エコーの機器をお腹に当て(もちろんこれもかなり消毒した後)、赤ちゃんの位置をもう一度確かめながら、

ぶすーっ

ちょっとチクッとしましたが、それほど痛いわけじゃない。むしろ、その後の方がいやだ。何だか深くに刺さっていく感覚。鈍い感じの感覚とでもいうのであろうか。しかし、しかし・・・・全然終わんない。何で?????

ドクター 「足でね、邪魔してるんですよ~。」

どうやら赤ちゃん、足をどすどす動かしているらしい。

あきらめたドクター、一旦針を抜く。そしてもう一度

ぶすーっ

今度も、また位置を確認しながら、なんだかぐりぐりって感じでやられました。

心の中では、「早く終わってよ~。終わってよ~。」と思い、もはや涙目。うるうる。

ようやく何とか無事に終わりました。消毒の部分を良く拭いてもらって、完了。針を刺した跡は、何もせず。もちろん麻酔も何もなし。その後の安静もなし。

取り終わった羊水を見せてもらいました。なんだかおしっこのような色です。20ml取ったみたい(2本)。

結果が出るのは10日後、電話で教えてくれるそうです。2日間は安静にして、後は大丈夫ですよ~。と言われる。念のために3日後にチェックに来てくださいとのこと。

そんなわけで、安静もなしにすぐに車で家に帰りました。その後は、ゆったり2日間ベッドで休みました。幸いにも、娘がお友達の家にお泊りにいったのでかなり助かりました!

さて、どうなる結果?気になりますが、とりあえずはこれが終わっただけで、かなり解放された気分になったのでした。

羊水検査についてはこちらが詳しい!
妊娠中の検査丸わかりシリーズ第16回 「羊水検査」の巻

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

posted in @ペナン, お役立ち情報, 妊娠・出産 | 0 Comments

6th 4月 2012

妊娠15週 First Trimester Screeningの結果

職場にいる時、病院から何度も電話をもらった。行き違いばかりで、なかなか通じない。

マレーシアの病院ってか~なり親切だよな~なんてのん気に思っていたけど、いろいろ説明されたら英語だし詳しい事は主人に聞いてもらおうと、主人が帰ってくるまで家で待ってた。

そして、主人にドクターに電話してもらったら・・・・・

First Trimester Screening (染色体検査)のそれはそれは、シビアな結果。。。。

血液検査では、

Free beta hCG (Free beta human chorionic gonadotropin)ってのとPaPP-A (Pregnancy Associated Plasma Protein A)の値を調べます。

そして私の値は、以下の通り。

hCGb 146.00 ng/mL Corr. MoM 4.20
PAPP-A 1430.00 mU/L Corr. Mom 0.43

単位が日本と違うから、すっごい分かりづらいんだけど、このCorr. Momっていうのは、後で調べるのにかなり役に立ちました。

そして結果は、

いずれも異常値。
正常はいずれともMomが1.0ぐらいらしいです。

以下は英語のサイトを翻訳したもの。(Googleでやってちょっと直したので、間違ってたらごめんなさい。)

hCGは胎盤で作られるホルモンで、妊娠検査の目安となる物質。 hCGは、ダウン症候群と18トリソミーの妊娠初期と妊娠中期のスクリーニングテストの両方で使用されています。ダウン症候群胎児の妊娠は、他の妊娠よりHCGのレベルが高い傾向にあります。胎児が18トリソミーを有する妊娠は低レベルのHCGになる傾向がある。

PAPP-A(妊娠関連血漿蛋白質) -ダウン症候群や18トリソミーの影響を受ける赤ちゃんをもつ可能性を見るために血液検査で測定されるタンパク質です。妊娠10~14週間でPAPP-Aの血中濃度が低いとダウン症候群と18トリソミーの胎児の可能性があります。原因不明の非常に低レベルのPAPP-Aも子宮内発育不全のための早産、妊娠中毒症や死産を示すことがあります。

超音波検査では、

NT(Nuchal Translucency)、つまり胎児後頸部の浮腫。これを計る。これは、ある一定の期間でないといけないらしい。私がやった時はちょうど13週だった。CRL値というのも重要だ。

NTについてはこちらが詳しい。

さて、このFirst Trimester Screeningでは、この二つの結果を合わせて、どのくらいの確立になるかを算出する。

その結果。

ダウン症候群     1/7
エドワーズ症候群 1/7000
パトー症候群 1/65000

ダウン症候群の確立が7分の1と出てしまいました。ちなみに年齢上からいくとリスクは55分の1。だからかなり高いです。

ショック?というより、「ああ、そうか。」と言う感じでした。上の娘はダウン症ではないけれど、障害を持っているので、耐性がついていたのでしょうか。涙は出ませんでした。とにかく受け止めないといけないなぁと思いました。

主人は、かなりショックだったようです。お互い高齢だし将来の事を考えるとやっぱりつらいようです。

それから、念を押すように、ドクターに質問しました。

「鼻の骨は確認できますか。」

返ってきた答えはprominent.・・・どうやら鼻は低くないようです。

・・・・判断が難しいです。
帰ってきた診断結果をもとに、自分でも検証する事にしました。そこでインターネットで調べたら、こんなサイトがありました。血液検査の結果と、NTの結果を入力すると、確立がでるものです。

TRC Trisomy Risk Calculator

その結果、それでも10分の1くらいでした。

いろいろ数値を変えてみたら、やはり私のhCGの値に問題があるようです。その原因は、調べられませんでした。

あるサイトによると、その値が高い場合、つわりもひどくなるような事が書いてあったのですが、まったくつわりがなかった私には当てはまりませんでした。

ドクターには羊水検査を勧められました。それが、明日です。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

posted in @ペナン, お役立ち情報, 妊娠・出産 | 0 Comments

  • Advertisement

  • Top Browsers

  • Top OS

  • Visitors Online