3rd 10月 2012

いよいよ産褥期ケアセンターであるConfinement Homeへ入居!

注意) かなり前のことですが、その時を振り返って書いてます。

今日も朝から、黄疸のためのphoto light therapyをして、その経過を見る。ああ、退院できるといいなぁ。これでまた泊まる事になったら本当に悲惨だ!体が参っちゃうよ。

そんなこんなで、結局午後までかかりぎりぎりの数値で、帰っていいよと言われる。ようやく病院を後にしたのは2時半ごろ。ぎりぎりまでphoto lightしてもらった。そして、いよいよ目指すはConfinement Home。ここで一ヶ月お世話になるのね!赤ちゃんは初めてのカーシート、でも寝てたので装着問題なし!病院からHomeまでは車で5分くらいという距離。なにかあったらとっても便利だ。

今日は夫は夜に仕事があるので、娘は知り合いの方の家にお泊り。そっから学校も次の日行かせてもらうことにした。本当に、いつもいつも大変な時に助けてくれるので感謝しています!!

病院を出てゆっくり運転してもらってHomeに到着した。ちょっと緊張して、赤ちゃんを連れて中に入る。ロビーにはビジターがわんさかいて、ガラス越しに赤ちゃんを見たりしてガヤガヤしている。受付の人(おばちゃんという歳なんだけど、すごい綺麗)がいろいろ説明してくれ、その間に赤ちゃんはガラス越しの部屋に移される。これは今日のおやつ、といってお汁粉が出され、産褥期にそれがどれだけいいかを説明してくれる。そして、ドクターが絶対これは!と言っていた事を切り出した。そう、母乳の授乳の件だ。母乳をあげたいこと、夜中でも起こしてもらってかまわないことを伝えた。こういうセンターは一度にたくさんの赤ちゃんたちの面倒を見るので、あんまり母乳育児には積極的でないと聞いていたからだ。それを話した上で、いろいろ説明を聞いていたら、上の一人部屋がしばらく空いているんだけど、どう?と聞かれた。赤ちゃんと夜同室にもできるし、との事だった。

本当は2人部屋だったんだけど、昨日の悪夢をもう体験したくない私は即座に「それ、乗った!」てな感じで、すこしお金を余分に払ってでも、そっちにすることにした。とりあえず2週間分として300リンギを追加で払う。

案内された部屋はすっごい小さい部屋だったけど、これで自分のプライバシーが守られるならば全然OKら。部屋に入ったら、職場から花が届いていた。全然思ってもみなかったので、うれしかった。



部屋の窓からは、マンゴーの木やランブータンの木が見えて、結構いやされる。



部屋はデラックスファミリールームとか、一人部屋から4人部屋までとバラエティー豊か。でも、よっぽど神経の図太い人でない限り、一人部屋の方がいいと思う。ただ、今年は辰年で出産ラッシュなのでちょっと混んでいるが、そうでなければ3人部屋といっても一人で使わせてくれるらしい。そういうことであれば、そっちの料金で一人でいられるわけでなかなかいいかも。ただ、突然入居者が来る場合もあるだろうから確実ではないけど。

ここでは、赤ちゃんのオムツ交換はもちろん、沐浴、授乳も24時間してくれる。ま、私の場合は母乳オンリーでいきたいので、授乳は自分でやるけれど、その他のことはずっと面倒をみてくれるので、1ヶ月まるまる本当に体を休めることができる。看護師さんも、病院から来てくれたり、元看護師さんだった人もいるので安心。日本にもこんな場所があったら、子育てがどれだけ楽になることか。でもきっといろんな厳しい規格とかで無理そう。あったとしてもすごい高額で、気軽に利用できる人はあんまりいないだろう。

洗濯もかごに入れておけば、その日の午後か次の日にはたたまれておいてある。食事に関しては朝は8:30 (ちょっと遅い)、お昼12:00、おやつ3:00、夕食5:30、夜食8:30といった具合で全部で5回。ちょっと多すぎやしないかい?

ま、そんなこんなで至れり尽くせりの1ヶ月を過ごします!私のユニットには私を含めて3人しかおらず(他のユニットには5人とか6人とかいた)、入居してからご飯を食べた時にいろいろ話してみた。一人は、実は5ヶ月で流産してしまったという人で、同じユニットに出産をし終えた人といるのはすごい辛いと思った。でも彼女はすごくオープンな人でさばさばしていて、いろいろ話をしてくれ一日で好きになった。もう一人の人は、私の次の日に女の子を産んだそうで、同じ日に入居、素朴な感じのやさしい人だった。この人とは、それ以降仲良くなり、一緒にテレビを見たり、料理の話で盛り上がるのだった。

こんな感じで始まった生活。さてどうなるやらはお楽しみ!

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

This entry was posted on 水曜日, 10月 3rd, 2012 at 4:37 PM and is filed under @ペナン, お役立ち情報, 妊娠・出産, 子育て. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply