6th 10月 2012

マレーシアの母乳育児って?

ゴーデンどんが見たマレーシアでの母乳育児レポートです。ただし、他民族j国家であるこの国の一部しかのぞいていないので、断言はできません。それぞれのご判断でご覧ください。マジョリティーは病院やConfinement Centerなどで見聞きした中華系マレーシアでのことです。

病院にいた時から気になっていた母乳指導。

ここ、マレーシアではいったいどうなっているのでしょう?

ここマレーシアでは母乳の重要性をキャンペーンなどで推進していますが、私が周りでみた限り、母乳育児ができないという人は多いようです。というかほとんどです。その理由としてまとめてみると、次のようなことが挙げられます。

1、      みんな仕事を持っていて2ヶ月の産休の後、職場復帰しなければいけないから。

2、      産褥期に約1ヶ月間、十分体を休めなければいけないということを守るため。

3、      母乳=搾乳と言う考え。おっぱいを直接赤ちゃんにあげるという考えがあまり浸透していない。

4、      母乳指導が積極的でない。

このようなことを考えると、日本とはかなり違います。それでは、ひとつずつ、見ていってみましょう。

1.みんな仕事を持っていて2ヶ月の産休の後、職場復帰しなければいけないから。

せっかく母乳をあげても、2ヶ月だけ職場に戻ったら絶対にできないので、最初からミルク、というお母さん。そして、このたった2ヶ月の間だけでもというお母さんの両者に分かれました。出てくる母乳を止める薬を出してほしいとドクターに頼む人もいました。仕事を持っているお母さんがここでは多いので、必然的に母乳はストップ!となってしまうのでしょう。

2.産褥期に約1ヶ月間、十分体を休めなければいけないということを守るため。

マレーシアには、マレー系、インド系、中国系民族のそれぞれに産褥期のいろいろな決まりごとや信じられていることがあります。基本的には体に負担になることはしないという考えです。病院でも母乳がたっぷり出ているのに、授乳を拒否するお母さんが結構いたのにはびっくりしました。(特に夜)

わざわざ搾乳して、看護師さんに哺乳瓶であげてほしいと頼むお母さん、次の授乳はスキップしたいと頼むお母さん、いろいろなパターンを見ました。看護師さんでも、「夜は搾乳したのをだんなにやってもらって、あなたは休みなさい!」というくらいですから、とにかく休めということを強調します。そのせいで、疲れるくらいならミルクでとなってしまうようです。

3.      母乳=搾乳と言う考え。おっぱいを直接赤ちゃんにあげるという考えがあまり浸透していない。

これに関しては、前述の産褥期に休むという文化が影響しているのだと思いますが、赤ちゃんとのスキンシップが重要だとはあまり思っていないようにも感じられました。何人もの人から、搾乳のほうが簡単だからと言う意見も聞きました。赤ちゃんを抱っこするのがあんまり??という人も見受けられます。完全に産褥期の休息が赤ちゃんのお世話に勝っています。しかし、この時期におっぱいをあげることができなかったらいつあげられるのでしょうか?

でも、今日他のお母さんから聞いた意見は「赤ちゃんにおっぱいをあげるのが怖い」という意見でした。これが本当なのかも。産褥期の休息のことで赤ちゃんに触れ合う機会自体が少ない彼らは、生まれたての赤ちゃんをどうやって扱ったらいいか本当に不安のようです。特にうまく乳首をすってくれないとどうしていいかオロオロ、パニックになりお手上げ状態のになってしまいます。これは世界共通のことだと思いますが、Confinement Centerに入ったり、Confinement Ladyを雇った場合、すべての赤ちゃんのお世話は自分以外の人がするので、本当にお任せ状態に陥ってしまうのかもしれません。

4.      母乳指導が積極的でない。

これに関しては、みんなが口を揃えてそうだと言いました。

「誰も教えてくれない」

これマレーシアの人にとって、本当に深刻なことだと思います。


彼らのお母さんの世代はみなミルクで母乳の人は稀だったとも言っていました。そのため、誰も教えてくれない状況が、このような問題を引き起こしているのかもしれません。そして、赤ちゃんと初めて出会う病院ですらそうです。(母乳推進の病院はわかりませんが・・・)

私が病院で見た時も、本当に日本とは違うと思いました。まずアプローチの仕方が違います。日本では、おっぱいを飲ませる前と後に、赤ちゃんの体重を量ったりして、そういったプロセスを通して赤ちゃんの日々の成長を感じ、母乳をあげていくという方向ですが、私がいた病院では突然赤ちゃんを連れてこられて、「はい、あげて」と言う感じでしたから、初めての人はきっと戸惑うだろうなと思いました。(病院によっては違うと思います)

看護師さんのする事は、乳首に赤ちゃんの口を持っていくだけ、そしてほっぺをつっつくだけ、たったそれだけです。うまくくわえられなくても、30分以上(中には1時間も座っている人がいた)授乳しても、何にも言いません。そんなんで、すっごい苦労している様子のお母さんたちがとにかくたくさんいて、横目で搾乳している人を見て、「あれなら楽そう」ということになってしまっているようでした。

他民族共存の国なので、民族が違うとあまりお互いに干渉しないようにしていることもあって、こうしたらいいよとかそういうのもありません。ただ、搾乳組を見てそれが教育となってしまっているのです。それは見ていて本当にもどかしいものでした。そして、病院にいる間、情報なしの授乳をしていやになったり、退院する頃にはもう出なくなって、家に帰った後はやめてしまうのです。本当にとっても残念!だって、搾乳してたっぷり出ている人もいるんですよ。なのに赤ちゃんにくわえさせないなんて。

Confinement Homeでは私の他に唯一母乳育児に8ヶ月成功したお母さん(第一子に)がいましたが、その人は自分でインターネットで調べてやったそうです。(とはいっても混合だったらしいですが・・・でもえらい!)自分で情報を得て、やりきったのは本当にえらいと思います。本当に母乳育児は彼らにとっては難しいもので、1年続けたよと言おうものなら「えーっ???」と本当に驚かれます。マレーシアにも母乳で育てたい人もたくさんいるのです。でも、このままだったら、きっと普及は難しいなと思うのでした。

母乳育児を推薦している団体の方、もし、マレーシアでそれをするならば、マレーシアのこういった文化的な背景や母乳指導の実態などをぜひ考慮して、マレーシアに母乳育児を広めてください!

もし、皆さんもマレーシアで見聞きした母乳事情がありましたらぜひコメント欄でシェアしてください。日本から初産で母乳育児に専念したい方、情報の混乱で産後苦しいかもしれませんので、マレーシアのこういった事情があるということをあらかじめ知っておくと楽かもしれません。そして、日本から母乳育児に関する書籍を持ってこられることをお勧めします。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

posted in @ペナン, お役立ち情報, 子育て | 0 Comments

3rd 10月 2012

いよいよ産褥期ケアセンターであるConfinement Homeへ入居!

注意) かなり前のことですが、その時を振り返って書いてます。

今日も朝から、黄疸のためのphoto light therapyをして、その経過を見る。ああ、退院できるといいなぁ。これでまた泊まる事になったら本当に悲惨だ!体が参っちゃうよ。

そんなこんなで、結局午後までかかりぎりぎりの数値で、帰っていいよと言われる。ようやく病院を後にしたのは2時半ごろ。ぎりぎりまでphoto lightしてもらった。そして、いよいよ目指すはConfinement Home。ここで一ヶ月お世話になるのね!赤ちゃんは初めてのカーシート、でも寝てたので装着問題なし!病院からHomeまでは車で5分くらいという距離。なにかあったらとっても便利だ。

今日は夫は夜に仕事があるので、娘は知り合いの方の家にお泊り。そっから学校も次の日行かせてもらうことにした。本当に、いつもいつも大変な時に助けてくれるので感謝しています!!

病院を出てゆっくり運転してもらってHomeに到着した。ちょっと緊張して、赤ちゃんを連れて中に入る。ロビーにはビジターがわんさかいて、ガラス越しに赤ちゃんを見たりしてガヤガヤしている。受付の人(おばちゃんという歳なんだけど、すごい綺麗)がいろいろ説明してくれ、その間に赤ちゃんはガラス越しの部屋に移される。これは今日のおやつ、といってお汁粉が出され、産褥期にそれがどれだけいいかを説明してくれる。そして、ドクターが絶対これは!と言っていた事を切り出した。そう、母乳の授乳の件だ。母乳をあげたいこと、夜中でも起こしてもらってかまわないことを伝えた。こういうセンターは一度にたくさんの赤ちゃんたちの面倒を見るので、あんまり母乳育児には積極的でないと聞いていたからだ。それを話した上で、いろいろ説明を聞いていたら、上の一人部屋がしばらく空いているんだけど、どう?と聞かれた。赤ちゃんと夜同室にもできるし、との事だった。

本当は2人部屋だったんだけど、昨日の悪夢をもう体験したくない私は即座に「それ、乗った!」てな感じで、すこしお金を余分に払ってでも、そっちにすることにした。とりあえず2週間分として300リンギを追加で払う。

案内された部屋はすっごい小さい部屋だったけど、これで自分のプライバシーが守られるならば全然OKら。部屋に入ったら、職場から花が届いていた。全然思ってもみなかったので、うれしかった。



部屋の窓からは、マンゴーの木やランブータンの木が見えて、結構いやされる。



部屋はデラックスファミリールームとか、一人部屋から4人部屋までとバラエティー豊か。でも、よっぽど神経の図太い人でない限り、一人部屋の方がいいと思う。ただ、今年は辰年で出産ラッシュなのでちょっと混んでいるが、そうでなければ3人部屋といっても一人で使わせてくれるらしい。そういうことであれば、そっちの料金で一人でいられるわけでなかなかいいかも。ただ、突然入居者が来る場合もあるだろうから確実ではないけど。

ここでは、赤ちゃんのオムツ交換はもちろん、沐浴、授乳も24時間してくれる。ま、私の場合は母乳オンリーでいきたいので、授乳は自分でやるけれど、その他のことはずっと面倒をみてくれるので、1ヶ月まるまる本当に体を休めることができる。看護師さんも、病院から来てくれたり、元看護師さんだった人もいるので安心。日本にもこんな場所があったら、子育てがどれだけ楽になることか。でもきっといろんな厳しい規格とかで無理そう。あったとしてもすごい高額で、気軽に利用できる人はあんまりいないだろう。

洗濯もかごに入れておけば、その日の午後か次の日にはたたまれておいてある。食事に関しては朝は8:30 (ちょっと遅い)、お昼12:00、おやつ3:00、夕食5:30、夜食8:30といった具合で全部で5回。ちょっと多すぎやしないかい?

ま、そんなこんなで至れり尽くせりの1ヶ月を過ごします!私のユニットには私を含めて3人しかおらず(他のユニットには5人とか6人とかいた)、入居してからご飯を食べた時にいろいろ話してみた。一人は、実は5ヶ月で流産してしまったという人で、同じユニットに出産をし終えた人といるのはすごい辛いと思った。でも彼女はすごくオープンな人でさばさばしていて、いろいろ話をしてくれ一日で好きになった。もう一人の人は、私の次の日に女の子を産んだそうで、同じ日に入居、素朴な感じのやさしい人だった。この人とは、それ以降仲良くなり、一緒にテレビを見たり、料理の話で盛り上がるのだった。

こんな感じで始まった生活。さてどうなるやらはお楽しみ!

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

posted in @ペナン, お役立ち情報, 妊娠・出産, 子育て | 0 Comments

  • Advertisement

  • Last searched terms

  • Top Browsers

  • Top OS

  • Visitors Online