24th 8月 2012

妊娠中の検査いろいろ@マレーシア

さて、妊娠後期34週目も半ばに差しかかりました。

今まで、全然妊娠初期とか中期の事を書いていませんでしたが、結構いろいろあったのでした。

で、今日は検査の事を書いて見ようかと・・・

マレーシアではうやっぱり日本と違う事が結構あるみたいですね。と言っても、病院によって違うのかもしれませんが、私が行っている病院のことを書いてみます。

まず違う事は!

1、内診が全くない!

今の今まで35週、全くありません!これは何だか「えっ?いいんだろうか~?」と言う感じ。ま、あれは好きじゃないんで私としては助かっているんですが。

そして、

2、言わないと日本では当たり前のように受ける検査をしない。

例えば、血液検査などは子宮頸がん・クラミジア検査・B型・C型肝炎抗体・梅毒反応・トキソプラズマ抗体検査などは言わないとしてくれないようです。
だから、トキソプラズマの検査を頼んだら、何回も「えっ、本当にするの?」と聞かれました。マレーシア人の人はしないようですね。
ちなみにHIV抗体・風疹抗体はやりました。でもこれは先生の判断で「これ、しよっか~。」という感じです。そうそう、前にやった血液検査の結果とかあるか聞かれてそれを見せた後に決められたんで、もしかしたらこれは人によって違うかもしれません。でもトキソプラズマは確実にマレーシアではやらないと思う。

3、体重管理について何にも言われない。

ぜ~んぜん、言われませんね~。

後期ですっごい増えちゃったけど、言われなかったし。

4、毎回超音波は絶対する。そして、かなりの量のものをプリントしてくれる。

これはかなりありがたいかも。そしていちいちコメントも入れてくれる。

例えば、’hand’とか’nose’とか、笑えるのは、あれに’boy’って入れてくれる事(笑)

5、先生がかなりフレンドリー、そして直接携帯に電話しちゃっても、結構OKだったりする。

心配事があっても、携帯に電話して相談できる。これってすごくないですか?

ま、だいたい違いはこんなトコだろうか。

このような事をふまえ、私が追加した検査、その他は、

First Trimester Screen

日本で言う、トリプルマーカーとかクワトロ検査ですね。英語ではクワッドテストともいう。染色体に異常があるかのテストですね。これでは、超音波で検査した頚部浮腫(NT)の数値も一緒に考慮されました。高齢出産のため、一応知りたかったというのがあって・・・でも、これって良し悪しかも。本当にこれは辛かった。(結果が・・・しばらく悩んだ)

トキソプラズマ検査

結構土いじりをしていた私はちょっと心配だった。結果は陽性、妊娠前にかかっていたということで抗体ができていて結果はOK。

羊水検査

First Trimester Screenの検査の結果を受け、受ける事に。かなり緊張したけれど、思ったよりは痛くなかった。

ステロイド注射

切迫早産の恐れがあったため、どうしたらいいか聞くとステロイド注射を勧められた。全部で3回やったけれど、今まで受けた注射の中でこんなに痛いものはないだろうと思われるくらい痛かった。マジで涙でた。

と、こんな感じでした。

ちなみにご存知でしたか?
基本的に妊娠24週を過ぎていたら、マレーシアに観光で入国できないんだって!知らんかった。(特別な事情があって、どうしても入国しないといけない人は特別な手続きが必要なようです。)

これをみてくださいませ→http://www.tourismmalaysia.or.jp/kihon/kihon_c.htm

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

海外で安心して赤ちゃんを産む本 [ ノーラ・コーリ ]

This entry was posted on 金曜日, 8月 24th, 2012 at 9:31 PM and is filed under @ペナン, お役立ち情報, 妊娠・出産. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply