20th 4月 2009

【上海旅行3日目その2】 EXPOで上海が変わる、それもまた上海。

長くなったのでつづきをこちらに。

お昼を食べて満喫した後は、浦東に渡ろう!と、歩いて渡し舟乗り場へと。

sh3-17.jpgそうしたら、なんか見慣れないビルが。布売り場のよう。EXPO(中国2010年上海万博)で前の布市場の菫家渡路が取り壊されていたと聞いていたので、入ってみる事にした。そしたら、そしたら!あの布市場に入っていたお店がみんなこのビルの中にあるではないか~!!

偶然の事とはいえ、かなりうれしくなってしまった。でも上海にいる期間は短いのでとてもオーダーできるとは思えないので、せめてもと布を仕入れ(★^ω^)ニッコリ★

シルク混の素敵なブルーの花模様の布と、娘のたくさんある学校の行事で使うためのきれいな色の布を買い込む。ああ、懐かしいな~。長くいたら絶対いろいろ頼んじゃうのに。娘の周りにはお店の人がみんな集まってきて、いろいろ話しかけてくれる。「のんほー」とか娘が行っていたら大うけ。上海ってこういうのが楽しかったりする。

さて、満足して通りに出るとここの通りは物乞いの人だらけ。50mごとにおばあさん(もしくはおばさん)と小さい子供が一緒に地べたに座っているのを見て、明らかにエージェントが指示しているような様子。本当に彼らの境遇には可哀相になって涙がでてきてしまうけど、裏で糸を引いてお金を横取りしている人がいると思うとお金をあげていいものかどうかと迷ってしまう。逆にわざとそういうことをするのを助長してしまうから・・・でもあの、子供の足の裏の何日もお風呂に入っていない様子とか、じっとおばさんに抱っこされて寝ているところはちょっと見るのが辛い・・・ここは多分、上海在住の欧米の人も多いからここにいるんだろうな。

彼らのそういった姿を後にしながら、上海に初めて来た時の事も思い出した。

随分と様子の変わった十六捕の辺り、ぞろぞろ歩く人の後をついて行くと、そのうち浦東側に行く船の乗り場につく。お金を払って、プラスチックのコインのようなものをもらって、来る船を待つ。待つ。待つ。

と、その時みんなの白い目を受けているおじさんがいた。バイクが倒れそうになって、みんなからすごい睨み目攻撃。しかもこのおじさん、バイクでこんなに運べるんかい?と思うほどのすごい荷物、それが待っている人たちの間をぐらぐら行ったり来たりしてヒヤヒヤもの。バランスを取ろうとすると、今度はバイクが倒れる始末。思わず同情してしまった。これからもがんばれ、おじさんと声援を送りたくなったのは言うまでも無い。

sh3-18.jpgようやく船に乗り込むとなんだか変わった上海の人々の姿が・・・・猛ダッシュしてないやん!みんなすごい普通に順番どおりに進んでる!昔の上海では考えられなかったけど、やっぱりEXPOが変えたんだろうか?そういえば、あんまり唾を吐く人も前よりいないし・・・あのおじさんもきっと大丈夫であったろう。船の中で、通り過ぎる他の船を見たり、またまた変わっていく上海のスカイスクレイパーなどの様子などを見たりしたら、何とも言えない気持ちがわきおこってきた。

ああ、また上海に住んでみたいな~。留まらないで変わっていく上海。

今度訪れた時は、またいつか見たものが無くなってしまっているかもしれない。いつの時代でも、それぞれの人の記憶の中でしか生きていない上海だからこそ、ノスタルジーやさびしさや新しいものへの憧憬とか全部MIXされて複雑な気分になるんじゃないかと思う。

さてさて、そんな郷愁に浸っているうちに浦東側に到着。船の中では、娘はちゃっかりと日本人の男の子とお友達になってました。主人は、金橋で友達と会う約束をしているので、娘を連れてそちらへタクシーで直行。私は久々に正大広場で一人でお買いもの♪ でも、中国で携帯がないと不便なので、SIMカードを買って入れ替え準備完了。これで、ちょっと遅れても大丈夫さ。

ぶらぶらと色んな店をみたけれど、結局何にも買わなかった~。でもウインドウショッピングでも結構楽しい。

sh3-19.jpg私もこの間ペナンでお友達になったMさん家族と会うために金橋に。しっかし、建設ラッシュでかなりの埃。浦東の空気がこんなにひどくなっているとは夢にも思わず・・・金茂タワーや新しくできた上海環球金融中心を横目に見つつ、そんな事を考えていた。

sh3-20.jpg浦東には2年くらい住んでいたはずなのに、なんだか記憶がぶっとんでいる所があって、ドラゴンフライとかデカスロンの入っていたビルはどこだったっけ?というくらいボケてた。タクシーの運転手には金橋のカルフールまで。と頼んだけどあそこら辺に行けば何とかなるだろう。

結構、長い道のり・・・・こんなに長かったかなぁ??カルフールの前でおろしてもらって、待ち合わせ場所へと向かうが、やっぱりこんなに近くに来てもあんまり良く思い出せないのは、印象が薄かったのかそれとも記憶が消されたのか??

結局はカルフールの隣でごじゃいましたわ。お目当てのBlue Frogに行くと、もうかなり盛り上がった夫の姿が(笑)別に飲んでたわけじゃないですけどね。やっぱり古い友達に会えてうれしかったのでしょう。私は直接彼らを知ってるわけじゃないので、あんまり合う話はなかったけど何とか頑張って会話に加わり話すこと1時間近く。娘は誰かと遊ぼうとしていたけれど、上海にいる欧米系の子供たち、仲間に加えてくれずちょっと可哀相な思いをさせてしまった。ペナンのフレンドリーな子供たちのありがたみがよくわかりました。上海も前はこんな感じでもなかったんだけどな。やっぱり住んでいないとダメか・・・

一人で遊ばせるのは可哀相なので、その辺を歩き回って木の実を見つけて粉々にして遊んだりしていると、だんだん気温が低くなってきて外にいるのが大変に。夫はまだまだおしゃべりに夢中。ま、ほうっておきましょう。

私たちは、会う約束をしていたMさん家族と日本料理のお店へ。奥さんはお仕事でまだ来ていなかったので、だんなさんの方といろいろお話。この間知り合いになったばかりなのに、もうずっと前から知っていたかのように、お話できました。本当に楽しかった~。ここのレストランの方もオープン時から私のことをよく知っているので、また再会できてすごくうれしかった!!途中で、夫とMさんの奥さんが合流して、かなりビール飲んじゃいました。今度は日本での再会に期待して、ホテルへと帰り、この日は終わり。次の日はいよいよ古北突入です。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

こんなものも売られているとは・・・上海のアンティークレンガ。私もぜひ欲しい・・・


【送料無料(地域限定)】【約11平米分】1個193円!オールド上海 アンティークレンガ パレット…

This entry was posted on 月曜日, 4月 20th, 2009 at 9:58 PM and is filed under @上海, たび☆旅☆タビ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply