HOMEオーストラリア編Culture 文化 > オーストラリア異文化再発見 初級編  

 オーストラリア異文化再発見 初級編

オーストラリアでびっくりした文化・風土の違いをいろいろ紹介しています。 みなさんも、こんなことにびっくりしたっていうお話ありませんか?

  オーストラリア初級編 知っておくと便利! オージーの習慣・慣習
  オーストラリア中級編 オージーの謎に迫ろう!
  オーストラリア上級編 オージーの生活に入り込もう!
  おまけ 自然編    やっぱり広大なオーストラリアは魅力的

まずは初級編から!

1. お皿の洗い方
2. 水はとっても貴重
3. オーストラリアでは手酌酒するべし
4. サイダーがお酒で、ビールがソフトドリンク?
5. 犯罪防止。ロックいろいろ
6. 返品いつでもOK!
7. 日曜日はお休み?
8. プレゼントはビリビリ・バリバリ破こう!?

お皿の洗い方

イギリスに留学した人も同じ経験を持つかもしれません。オーストラリアでもイギリス系の家庭では、お皿を洗剤で洗った後、すすがずに布巾で拭きます。ある友人に言わせると、「こうするとお皿がピカピカするのよ。」  確かに光っているけど、それはただ単に洗剤成分が残っているからだと思うけれど・・・これにはどうしても慣れる事ができません。でも家族にはそんな事は言えないので、いつも家族の見ている前ではこのやり方で仕方なくやっています。それ以外は、やはり日本式!それでもあまり水を使わないように気をつけています。

雨水を飲む家族&シャワーの浴び方

水タンク水にちなんで・・・
オーストラリアでは水がとっても貴重なので、雨水をタンクに貯めてそれを植木に使ったりします。そしてそれを飲んだりもするんです!!私も義母の家に行くたびに雨水を飲んでました。(もちろん沸かしてですが・・・)水道の水よりも味はいいです。(笑)

写真は庭においてある水タンク

よくホームステイのホストが「日本人の子は、水を無駄に使いすぎ」とこぼすそうです。水が豊富にある国から来た私たちは、このことによく気をつけなくてはいけないのです。毎日のように、お風呂に入れるのは本当に幸せなことなんですね。特にアデレードは、あまり水が豊富であるとは言えず、何年か先には深刻な状況になると言われています。

もう一つ、シャワーを浴びる時に気をつけたいのが浴びる時間です。なるべく短い時間で済ませましょう。体や髪の毛を洗っている間は出しっぱなしにしないで節約するといいと思います。そうしないと、古い温水器を使っている家では、3人シャワーを使うとタンクのお湯があっという間になくなってしまいます。朝の忙しい時間、一人のホームステイの学生が家族全員の分のお湯を使い切ってしまったら、家庭内の雰囲気もかなり悪くなる予感。温かい気持ちで迎えてくれたホストファミリーが急に態度を変えることもあるかもしれません。水の使い方には注意です!!

最近はオーストラリア全土で水の使用が法律で制限されています。水の使い方が原因で痛ましい事件(殺人事件)も起こっていますので、くれぐれもご注意を!!


オーストラリアでは手酌酒するべし

日本では宴会などでよくお酒を注いだり注ぎあったりしますが、オーストラリアでは人のグラスにお酒を注ぎません。あくまでも自分の飲みたいペースで自分で注ぐのが基本。あまりこれに慣れてしまうと日本に帰ったときに気が利かない人と思われそう。

そして、飲みにいったらレストランなどでよく見かけるサイン「B.Y.O.」。これは、Bring Your Ownの略称。つまり酒類のライセンスがないレストランなどへ自分でお酒を持ちこむことができるのです。自分で好きなワインやリカーショップなどで買って持っていけば安上がりです!オーストラリアではワインが安いのでぜひ満喫しましょう。
オーストラリアワインを買ってみよう!

サイダーがお酒で、ビールがソフトドリンク?

サイダー
日本でサイダーといえば、間違いなく三矢サイダーのあの味を思い浮かべるでしょう。でも、オーストラリアでサイダーといったられっきとしたお酒なのです。(注:オーストラリアに限りませんが・・・)

サイダーといえばアップルサイダーのことで、アルコール分5%ぐらいあるお酒。アルコール無しのものもあります。よく考えたら、日本でシードルと呼ばれているものでしょうか?りんごのフレッシュな味わいと適度なアルコール分で、ほろ酔い気分になれる大好きな飲み物。

サイダーを飲みながら、この映画を見てみたい!

サイダーハウス・ルール

 

 

 

ジンジャービール

友達の家に遊びに行った時、そこのおばさんが冷蔵庫から飲み物を取り出しました。そこにいた友人の妹(9歳)が「わ〜い。ジンジャービールだ〜!」と喜んでごくごく飲むではありませんか。ジンジャービールってしょうがのビール?子供が飲んでいいのー?と一人納得の行かない私。

「あなたも飲む?」と言われ飲んでみると、甘くておいしい、それにしょうがの味で喉もすっきり。あとで「これってビールじゃないの?」とこっそり友達に聞いてみたら「違うに決まってるじゃ〜ん。」と大笑いされてしまいました。それから、各地でジンジャービールを発見。しばらくその味にはまってしまった私でした・・・・家庭でも簡単に作れるらしいので、私も今度挑戦してみようかな。

犯罪防止。ロックいろいろ

こちらは盗難が多いのか、至るところにロックをしないといけません。わが家のおんぼろ車でさえ頑丈なハンドルロックをしているし、家などはセキュリティーアラームをつけるのが一般的。私の家でも、誰かが窓をこじ開けようとした跡があってぞっとしたことがあります。アラームシステムは鳴ってしまうとかなりうるさいし、煙や蒸気にも反応するので、料理をしていて鳴ることも。アラームがなった後はしばらくして確認の電話が入り、暗証番号を伝えるようになっています。ドアのロックには、内側からも空けられないようになっているデッドロックというロックも存在します。

返品いつでもOK!

買い物をして、家に帰ってきてみて気に入らないことってよくありますよね。そんな時、返品したいけれど一旦袋から出してしまったりすると日本では返品できませんね。でもこちらではOK。それが当たり前のようでもあります。多くのお店には返品用のカウンターもあって、袋を開けようが、ちょっとしわくちゃになりようが、簡単に返品できるのがいいところ。返品するときに「どうして?」、とその理由を聞いてくるけれど、店員によっては決まり文句みたいなもので、本当はそんな理由を聞いていないように見受けられます。真面目に説明しようとすると、無視されることも多いので頭にくる事もあります。なので、それ以来いつも同じ理由で返品するようにしています。

日曜日はお休み?

日本では、日曜日はショッピングによく行くけれど、こちらではわりとひっそりムード。そう日曜日には結構お店が閉まってしまうのです。最近は開いているところも多くなってきたけれど。リカーショップなどのお酒を売る場所は、ほとんどの所が閉まっているといっていいでしょう。 その替わりLate Night Shopping Dayという遅くまで開いている日があって遅くまでショッピングが楽しめます。ちなみにクリスマスの時期も要注意。日本のように賑やかな様子を期待しているとガックリきます。

プレゼントはビリビリ・バリバリ破こう!?

クリスマスオーストラリアにいると、誕生日やクリスマスでプレゼントをあげたりする事が多いのですが、きれいに包装しても目の前で「バリバリッ」「ビリッ」と破かれます。丁寧にはがす日本人とは大違い!ましてや包装紙を取っておくという事はまず無いといってもいいでしょう。

  オーストラリアのクリスマスの様子はこちら!


続きはコチラ >> 中級編 上級編

関連記事

 オーストラリア異文化再発見
  オーストラリア中級編 オージーの謎に迫ろう!
  オーストラリア上級編 オージーの生活に入り込もう!
  おまけ 自然編    やっぱり広大なオーストラリアは魅力的

  オーストラリアのクリスマス  オーストラリアと日本のクリスマスは全然違う!
 中国異文化再発見 こちらは中国編。
 マレーシア異文化再発見 マレーシアもなかなか面白いです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク
リンクはご自由にどうぞ!

gordendon.com

Copyright (C) Gordendon All Rights Reserved.
sitemeter