1st 5月 2012

妊娠18週 羊水検査の結果

ずっと書かないでおりましたが、仕事中にドクターから電話がかかってきました。私は、ちょうど電話に出られなかったため、夫のケータイにかかってきたようで、同じ職場で働く夫が突然来て、「大丈夫だった!」と言ってきました。私は突然言われたので、何の事かさっぱり分からずにいましたが、あの羊水検査の結果だということに気づきました。

高齢出産のためか、あのようなすごい数値が出たにも関わらず羊水検査の結果は大丈夫だったということで、安心すると言うよりびっくりしたという感じの方が近かったかな?

同じ検査で陽性が出てしまった人のブログとかを、いっぱい読んでいたし、これからどうしたらいいかと本気で考えていたんで、かなり心に準備ができていたのだと思う。

安心したけど「あ~、良かった」なんてしばらくの間は思えなかった。だって、障害があると、確実にわかってしまった人の事を考えるとね。ちなみに男の子という事が100%の確立で判明。

****************************************

でも、その後同僚と話をした時、すっごい考えさせられた。

もう一人の同僚と話をしている時に、その人が「なに、なに~?」と聞いてきたので、今までの経過を初めて彼女にも話した。

しかし・・・・・「良かったよかった。だって、子どもを生むときは”choose the best one”だもんね。」

と言っていた。しかも、それを言ったのは私とダウン症の話をした時だ・・・ちなみにこのbest oneというのは、子どもを選択して選ぶという意味ではっきり言っていた。前から、この同僚とは本当に、どこかちょっとずれた感覚を感じていたが、その発言でやっぱり確信した。この人の考えはちょっと違う。デリケートな問題だし、そんなにはっきりと言うのは普通は避けないだろうか。

これって、教育の違いなのか?まさかそんな事思うだなんて思ってもいなかったので(というか、思わないでくれって思ってたのか)ショックだった。

気になって、他の同僚にも意見を聞いてみたが、ヨーロッパの人しかり「もし陽性だったらあきらめる」というのが大半だった。でも、その理由をきちんと説明してくれた。センシティブに・・・・だから、理解できた。でも例の彼女の場合は・・・・実は「ダウン症」という症状がある事自体知らなかった。

「ダウン症」って何?
彼女はこの世に存在する事すら本当に知らないらしい。ここの近くにだって、アソシエーションはあるし、彼らのためにいろんなチャリティーが行われていたりするし、職場でもそういう話が出る事だってある。

これから結婚するであろう彼女も子どもの事をいずれ考えるだろうに、障害がある可能性だってあると言う事実を知らない、というか、もし何か異常があったらもうその先は考えないようだ。人それぞれだとは思うけど、そのあまりにもはっきりした考え方にショックを受けた後に、また昨日とんちんかんな変な事を言うので、もう彼女とはしばらく距離をおこうと思った。何だか自分の気持ちがどんどん落ちていく・・・

すんません、あんまり人の事とか書きたくないんだけど、あまりにもいろいろおかしな事ばっかり言うので、ちょっと書かせてもらいました。


にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

posted in @ペナン, 何でもないつぶやき, 妊娠・出産 | 0 Comments

12th 4月 2012

妊娠16週 マレーシアで羊水検査

いよいよ羊水検査の日がやってまいりました。またもや夫と娘を連れて。

緊張、緊張・・・・・

さっそくもう処置に入るようです。

診察台の上に横になって、お腹を思いっきりだします。そう、いつもの診察室の同じ場所でどうやらやるようです。

まずは超音波で、赤ちゃんの位置を確かめます。絶対動かんでくれよ~。あんよの部分の開いている場所を狙うようです。

そして、

「これが大事なんだよ~。」
とドクターがいいながら、すっごい消毒に入ります。

手をかなり入念に消毒して、ビニール袋に入念に入れられた消毒セット一式を取り出します。

そのわりに看護婦さんは、全く消毒せずそのまま・・・そんなんでいいのかい?

まず、ヨードチンキみたいなのを塗りまくり。そして横にもたれまくり~。お腹がまっ茶色になりました。(みどりではないよ。)そして、その後、アルコール消毒っぽいのを入念にした後・・・

「さて、いくよ~。」ってな感じで始まります。

ドクター 「針見る?」

私 「いえいえ、遠慮しておきます。」

夫 「手握ってようか?」

私 「いい、いい。わたし強いから。」

ドクター (娘に) 「針指すの見られるよ~。」 (←おいおい)

娘 「えっ、・・・・いいです。」

私 「見なくてもいいよ~。」

と夫と娘に念を押し、カーテンもしないで処置が始まろうとしたのに・・・・

アシスタントするはずの看護士さん、どっかに行っちゃう。

ドクター 夫と娘に 「ちょっと呼んできてもらえる?」

娘、あわてて呼びに行く。そして戻ってきた看護士。「ロックしますね~。」とごまかすようにドアをロックする。

さてさて、ようやく処置が始まります。どきどき。

エコーの機器をお腹に当て(もちろんこれもかなり消毒した後)、赤ちゃんの位置をもう一度確かめながら、

ぶすーっ

ちょっとチクッとしましたが、それほど痛いわけじゃない。むしろ、その後の方がいやだ。何だか深くに刺さっていく感覚。鈍い感じの感覚とでもいうのであろうか。しかし、しかし・・・・全然終わんない。何で?????

ドクター 「足でね、邪魔してるんですよ~。」

どうやら赤ちゃん、足をどすどす動かしているらしい。

あきらめたドクター、一旦針を抜く。そしてもう一度

ぶすーっ

今度も、また位置を確認しながら、なんだかぐりぐりって感じでやられました。

心の中では、「早く終わってよ~。終わってよ~。」と思い、もはや涙目。うるうる。

ようやく何とか無事に終わりました。消毒の部分を良く拭いてもらって、完了。針を刺した跡は、何もせず。もちろん麻酔も何もなし。その後の安静もなし。

取り終わった羊水を見せてもらいました。なんだかおしっこのような色です。20ml取ったみたい(2本)。

結果が出るのは10日後、電話で教えてくれるそうです。2日間は安静にして、後は大丈夫ですよ~。と言われる。念のために3日後にチェックに来てくださいとのこと。

そんなわけで、安静もなしにすぐに車で家に帰りました。その後は、ゆったり2日間ベッドで休みました。幸いにも、娘がお友達の家にお泊りにいったのでかなり助かりました!

さて、どうなる結果?気になりますが、とりあえずはこれが終わっただけで、かなり解放された気分になったのでした。

羊水検査についてはこちらが詳しい!
妊娠中の検査丸わかりシリーズ第16回 「羊水検査」の巻

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

posted in @ペナン, お役立ち情報, 妊娠・出産 | 0 Comments

15th 3月 2012

妊娠12週 First Trimester Screening マレーシアで染色体検査

さてさて妊娠が発覚して、近所のクリニックで大きい病院のために紹介状を書いてもらいました。

そして知り合いの人が、いいドクターを紹介してくれたので電話でアポを取り、娘と夫を従えて行く事に。

仕事があったので、ナイトタイムの診察。6時から始まりましたが、誰もいなかった待合室には次々と人がやってきました。でも私は1番目だった。ラッキー♪

診察室に入ると、まあ、このドクターは最初からとってもフレンドリーな優しい感じの人で、まず握手からスタート。終始にこにこしています。ここマレーシア、初めての病院の検査では、内診なし。超音波のみでした。エコーの画面を見ながら、一つづつ丁寧に説明してくれます。本当にすんばらしく丁寧で、時間をかけてくれるんで、次の人に悪いわ~と思うくらい。

ドクターといろいろ話し合った後、高齢出産なんで、心の準備をするために、一応トリプルマーカーかクワトロテストを受けてみたいと言ったら、2つチョイスがあると言われました。一つは90%の確立でわかるけれども、ちょっと高い。といっても380リンギ(日本円にしたら1万円くらい)なので、日本よりは安いと思われ。90%の確立って・・・・あとの10%はどういうことなんだろう、と思いながら確立の高い方を選びました。

そして血液採取に突入。超音波検査のNT値(首の浮腫)も一応聞いてみると2.3mm。2.5mm以上は良くないらしい。

と言うわけで、その日はとりあえず病院を後にしたけれど、

後で驚く検査結果が出るのでした・・・・・

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

posted in @ペナン, お役立ち情報, 妊娠・出産 | 0 Comments

  • Advertisement

  • Top Browsers

  • Top OS

  • Visitors Online